情報モラル 学級活動

2020年11月20日

11月19日(木)に、全校で情報モラルについて考える学級活動を行いました。1年生では、コミュニケーションツール「LINE」のグループで、仲間同士でのコミュニケーションを例に、自分だったらどう返信するかを考える活動を通して、情報端末機器の使い方やコミュニケーションツールを使うときの難しさを実感しまし。文字では相手の感情まで読み取ることができないため、自分が何気なく送った文章が、誤解を招く恐れがあること、受け取り側も勝手な解釈をしてはいけないことを改めて学習しました。自分がコミュニケーションを取っている相手は紛れもなく人であり、情報端末機器の先にはその人がいるという意識をもつことや、グループの中にいる他の人がどう感じるかなどを意識することの大切さを学びました。便利なものではありますが、使い方を間違えると人を傷つけてしまうものにもなるため、使い方には十分気をつけて活用していけるよう願っています。

 

09579.jpg