教育長室から

 
新教育委員会制度に
 日頃は、養老町の教育に対しまして、ご理解とご支援をいただいておりますこと、心よりお礼申しあげます。今後ともご支援よろしくお願いいたします。
 野村浩太郎前教育長の後任として、平成25年10月1日より教育長に就任しております。この10月1日より養老町も新教育委員会制度となり、一層責任が重くなりますが、誠心誠意努めてまいりましので、よろしくお願いいたします。
 養老町に在住して、この11月7日で37年目を迎えます。養老町内の学校で、教師として通算23年間勤務しました。養老町の良さを継承し、より発展させていきたいと考えております。
 また、常に子ども達や町民のためになることを考え、事業を計画し予算を立てております。どうして行けば良いか迷った時や、物事を判断する場合は、『子ども達や町民のためにとって良いかどうか』を規準に、考えを進めております。

 本年度の養老町教育の目標を、養老町第五次総合計画 【絆プラン】 にある 『輝く人のまち【人】』 を受け、『ひとりひとりが輝く教育』としました。 
 養老町の教育で大切にしていきたい考え方は、以下の4点です。

 (1)良さを大切にした教育
 (2)町民みんなで力を合わせて進める教育
 (3)より良く生きていくための基礎基本を大切にした教育
 (4)ふるさとを大切にする心を育てる教育

 
 今年度、重点的に取り組んでいることことは、以下の9点です。

 ① 協働のまちづくりの推進 (町内全小中学校のコミュニティスクール化)(スポーツリーダーバンク・コミュニティスクールボランティア・教育支援ボランティア等各種ボランティア登録の推進)
 ② 人権教育の充実 (良さみつけの全町での実践化)
 ③ 食育の充実 (町内全幼小中でのお弁当の日の実施)
 ④ 幼小連携教育の充実 (保育園と幼稚園と小学校の連携)
 ⑤ 情報モラル教育の充実 (情報モラルスマイル宣言の町内全体での実践)
 ⑥ 信頼される教育委員会 (HPでの町民への情報発信)
 ⑦ ふるさと学習の充実 (ふるさと養老テキストの編集)
 ⑧ 運動する人の増加 (子どもから高齢者まで日常的に運動をする人を増やす)(バルシューレの普及)
 ⑨ デジタルアーカイブの活用 (デジタル化された町の文化財資料をフルに活用する)

 養老町では、1人1人の良さを大切にした教育を推進しています。教育委員会としましても、これまで地域の方や先輩諸氏が築いて来られた良さを継承し、更に発展させていきたいと考えています。更には、⑥にありますように、教育委員会からこのホームページ等を通じて、いろいろな情報を発信していきたいとも考えております。皆様方からのご意見も掲載したいと考えています。皆様方の忌憚なきご意見をお待ちしております。お気軽にご意見をお寄せ下さい。  
 最後に、 『誇りと愛着が持てる 絆を大切にするまち 養老』 (養老町第五次総合計画 【絆プラン】 より)を、教育の場でも推進していきたいと考えております。学校や教育委員会の取組に、ご理解とご協力をよろいくお願いいたします。



                                      平成27年 10月   養老町教育長  並河 清次
 
養老町教育委員会
〒503−1392
岐阜県養老郡養老町高田798番地(養老町役場3階)
代表電話番号 0584−32−5085
FAX番号 0584−32−1946